AI 画像 生成

導入

近年、AIによる画像生成技術が急速に進化し、私たちの生活に浸透しつつあります。従来、画像やイラストの制作には高度な技術と時間を要していましたが、AIの導入により、誰でも簡単に手軽に画像を生成できるようになりました。本記事では、AIによる画像生成技術の仕組みと、おすすめのツールやアプリを紹介します。

AIによる画像生成の仕組み

AIによる画像生成は、機械学習技術の1つである生成型対話モデル(Generative Adversarial Network、GAN)を基盤としています。GANは、2つの人工ニューラルネットワーク(生成器と識別器)の対立と学習によって、リアルな画像を生成することができます。生成器は乱数ベクトルから画像を生成し、識別器はその画像が本物かどうかを判断します。この繰り返し学習によって、生成器は次第に高品質な画像を生成できるようになります。

おすすめのAI画像生成ツールとアプリ

MyEdit

MyEditは、無料で使用可能なAI画像生成ツールです。まず、MyEditのサイトにアクセスし、「AI画像生成」を選択し、生成したいイラストや画像のキーワードや説明(プロンプト)を入力します。次に、スタイルを選択し、生成された画像をダウンロードできます。

PicWish

PicWishは、AI画像生成とAI高画質化が人気のブラウザベースサービスです。様々なスタイル(「イラスト」や「二次元」など)が用意されており、出力サイズも選べます。ただし、ポイントを購入する必要があります。

Fotor

Fotorは、13種類のスタイルから選べるAI画像生成ツールです。様々なスタイルで生成した画像を自由に編集や加工することができます。

Canva

Canvaは、AIイラストの自動生成が可能なデザイン編集ツールです。様々なスタイルで生成した画像を自由に編集や加工することができます。

Bing Image Creator

Bing Image Creatorは、AIイラストの自動生成が日本語のキーワードで可能なツールです。生成された画像を自由に編集や加工することができます。

AI画像生成アプリ

Vivid AI

Vivid AIは、AI画像生成に特化したアプリです。テキストの入力でAIイラストの生成が可能で、様々な機能(AIアニメ、AIスケッチ、AI着せ替えなど)が搭載されています。無料で使用可能ですが、1日あたり生成回数に制限があります。

AIピカソ

AIピカソは、シンプルで使いやすいAI画像生成アプリです。画像を元にAIが自動でイラスト化や画像生成をしてくれます。また、キーワードを入力することでそれに関連したイラストを生成することもできます。

ミリキャンバス

ミリキャンバスは、デザイン編集ツールでありながら、本格的な画像生成AI機能が搭載されています。様々なタッチの画像やイラストを簡単に生成でき、生成した画像を自由に加工や編集することができます。

AI画像生成に関する著作権

画像生成AIの発展に伴い、著作権に関する議論も活発化しています。例えば、AIが学習したデータの著作権や、生成した画像の著作権はどのように扱うべきかなどが論点となっています。この問題に関する知見を深めるための書籍も出版されており、画像生成AIに関する著作権法、機械学習技術、クリエイティブ業界の慣習を分析し、学習データや生成画像の法的および倫理的な問題について議論されています。

結論

AIによる画像生成技術は、誰もが気軽にイラストや画像を作成できるようになり、デザインやクリエイティブの分野に大きな変革をもたらしています。一方で、著作権などの法的側面や倫理的な課題も見過ごせません。AI画像生成技術を活用する際は、適切に注意を払う必要があります。今後の技術の進化と議論の行方に注目が集まることでしょう。

Leave a Comment